医療通訳の人材育成

海外の「日本人向け」病院は、「医療通訳」で成り立っている。

「医療通訳」を適任者が勤めることで、医師との言葉の壁をなくし、
且つ、気持ちの面で安心した医療を、海外で受けられる。

医療通訳者には、正確な言語通訳は勿論、患者の立場に立った「医療サポート」が求められる。

しかし実際に「医療通訳者を募集します」と求人を出しても、
医療通訳の職歴のある方は、とても少ない。言葉が流暢な方でも、医療用語は知らない場合が多い。

現実的に、医療通訳を「医療関連の免許を有している方」に頼るのではなく、
「現地語が流暢に話せる方」を、適切な医療通訳者に育てる必要性を感じている。

その為のマニュアルだったり、教材が少ない現状。私が充実させたいと思う。

「医療用語」の書籍を入手しようと

東京都内、蔵書数、最大規模の本屋に来た。

目的は、医療通訳さんのため「医療用語」の本を見て回るため。

全9フロアのなか、医療用語・医療通訳関連の書籍は、この1つの棚だった。

そして、ほとんどが、英語=日本語の本だった。

書籍として人気がないから、置いている数が少ないのか。

少しでも医療通訳さんの教材を増やして、医療通訳の質を上げたい。

オールドルーキー『医学部への道』

医学部の学費が全額無料に。ニューヨーク大学が画期的な奨学金を発表

アメリカは、医学部だと学費が無料になるのか、これはすごい。

アメリカン大学(私立)の学費は、年間450万から550万と高かった。

今からでも遅くはないか。

情熱があれば、何歳でも関係ないか。

また大学1年からのやり直し、オールドルーキーか。

出願してみる。

米国大学内の「孔子学院」の閉鎖が進む

アメリカの大学によっては、学内に中国政府の非営利教育機構「孔子学院」が設置されている。

現在、全米の大学などに100程度あるそうだ。

私も2007年、ミネソタ大学の孔子学院に訪れたことがある。
国際政治を勉強していた為、興味本位で行ってみた。

結果、門前払いだった。
一体、ここは何をしているとこなのだろう?と不思議に思った。

なんと、米FBIが「孔子学院」をスパイ活動容疑で捜査しているという。

中国が、米国内の諜報活動の拠点としていたのだろう。

各地の大学に対して、共和党の上院議員を中心に契約打ち切りを要請している。

「中国政府の政治宣伝機関と化している」と批判が高まっている。

夜の病院

深夜、患者様に同伴して、病院に来た。

香港・九龍最大の私立病院「セントテレサ病院」

日中は、患者様で賑わう院内も、夜は、静かだ。

広い院内を案内しながら、昼とは違った風景が広がっている。

勝って兜の緒を締める

兜

広島今村、ジャクソンが1軍合流 永川、メヒア降格

強いチームは、ベテラン・外国人関係なく、
結果を出せなかった選手は、すぐ降格させられる。

中日は、どうだ?

ベテラン・外国人ほど優遇されて、
若手は少ない打席・数回のチャンスで落とされる現状。

九龍の西から東へ「往診」

往診の患者様が入りました。
今日の行き先は「将軍澳」

出発点は尖沙咀から、九龍を東へ。

ドクター自ら、自家用車・タクシーで、香港中を行き来して成り立っています。心から感謝です。

ヒロシ・ヒロシ・雨・ヒロシ

本日:
近藤「ヒロシいってこい!」
ヒロシ「え?僕ですか?」
近藤「先週打たれたからな」

翌日
近藤「ヒロシいってこい!」
ヒロシ「え?僕ですか?」
近藤「昨日3人で抑えたからな」

ブルペンの投手は、誰がどこで投げるか、
コーチに指示されなくても、自然に分かるのが理想。

今季の中日は、ブルペン投手の分業制が全くできていない。

毎日投げさせるつもりか。

患者様へ検査結果のご説明

担当医から患者様に、血液検査・レントゲン検査などの検査結果を説明する時、
患者様の都合がつく限り、直接病院にお越しいただくことが一番です。

しかし、都合がつかない患者様もいらっしゃいます。

そんな時は、医師もしくは通訳が、検査結果を電話で伝えます。
可能な限り早く、患者様に検査結果をお伝えできますよう、心がけております。

2年前のデータで負けました。

ナゴヤドーム

「2016年しか対戦していない。そのデータしかなかった。」(土井コーチ)

8月5日(日)の中日は、2016年のデータを見て戦っていたそう。
今村は、今季既に5試合で先発をしているが、他球場にスコアラーを派遣してデータを収集していなかった事実。

セリーグ5球団の担当スコアラーは、「ファーム」での試合も含めて、張り付いていると思ったが、実際には一軍の試合すら毎試合は見ていない。少なくともうちの中日は。

落合時代とは違い、予告先発があり、前日に先発が解った上で「2年前のデータ」を用意するスカウト。おそらく真剣に集めれば、直近5試合の先発した映像を入手できたはずだが、「2年前に対戦したから」それで良しとするスカウトと、そのデータを使う首脳陣。

落合だったら減給か配置転換、星野だったら鉄拳だと思うが、今の首脳陣は、試合後に記者に「2年前のデータで打てなかった」と言うゆるさ加減。