北京通順競馬場(2005年に閉鎖)- 2019年8月に訪問

2005年11月の開催を最後に閉鎖された「北京通順競馬場」

北京首都国際空港からタクシーで、競馬場の跡地へ。

タクシードライバーに聞いても
「こんなところに競馬場はない。北京に競馬場はない」とのこと。
中国で使えない”Google検索”を頼りに向かってもらった。

空港からタクシーで30分程で、それらしき建物に到着。

壁には、確かに「北京通順競馬場」と書かれた形跡がある。

正門:上半身裸(男)の門番がいて、中は工事中の為、立ち入り禁止とのこと。

門の外から、中の様子を撮らせてもらった。

一周2280メートル:2005メートルの芝コースと、1850メートルのダートコースがあったとのこと。

近くには、放牧地のような跡地もあり。

閉鎖以来、整備されていない様子。

競馬場の近くの住宅地。

現状、競馬場としての復活はなさそうだ。

以下、余談。

辿り着いたのは良いが、帰りの交通手段を見つけるのに、とても苦労した。

周りに店がなく、バス停らしきところでバスを待っても、バスが来ない。タクシーもいない。

走るか、ヒッチハイクしか、帰る手段がなく、親切な中国の方たちに助けて頂いた。